理由 徹底した滅菌体制
衛生管理

徹底した滅菌体制・衛生管理

ホーム > 徹底した滅菌体制・衛生管理

安心して
治療を受けていただくために
世界レベルの衛生管理を

歯科診療で使用する器具は、直接口の中に入ります。一見、清潔そうに見える治療器具でも、目には見えない細菌が付着している可能性があります。
当院は、すべての治療器具に適切な衛生管理を行っています。目に見えない部分だからこそ、こだわり、患者様に安心して治療を受けていただくことが大切だと考えています。

治療器具の使い回しは
一切ありません

平成26年に国立感染症研究所などの研究チームが行った調査で、タービン・ハンドピース(歯を削る機器)の滅菌を行っていない歯科医療機関が7割を超えているとわかりました。そのため、歯科医院の衛生管理に対し、不安をお持ちの患者様も少なくないかもしれません。

しかし、当院はタービンを含め、患者様のお口に入る治療器具はすべて滅菌し、滅菌パックで個別に密閉して保管しています。

消毒・滅菌・殺菌の違い

「消毒」「滅菌」「殺菌」には明確な違いがあります。歯科医院によって衛生管理の処理レベルが違っているのが実情です。当院は、治療器具に応じて適切な処理を行い、院内感染ゼロを維持しております。

  • 消毒

    人体に影響を与えない程度に有害な物質を取り除くか、無害化することを意味します。

  • 殺菌

    病気の原因になったり人体に有害だったりする、特定の細菌を殺すことです。しかし、程度の定義が無いため、100匹いる菌のうち1匹しか殺していなくても「殺菌した」といえます。

  • 滅菌

    有害であるかどうか関係なく、すべての微生物やウイルスを死滅させたり、除去したりすることをいいます。

当院の衛生管理

ディスポーザブル

可能な限りディスポーザブル(使い捨て)を取り入れております。患者さんが使用する紙コップやエプロンはもちろん、スタッフのマスク、グローブ、麻酔などで使用する注射針などは、患者様ごとに交換しています。

滅菌パック

滅菌・消毒処理を行った治療器具も、適切に保管されなければ滅菌処理の効果を持続できません。当院は、個別にパッキングし密封した状態で保管し、使用直前に患者様の前で開封いたします。

高圧蒸気滅菌器

高圧蒸気滅菌器(オートグレーブ)とは、治療器具を高温高圧の飽和水蒸気によって滅菌処理する装置です。圧力釜や圧力鍋と同じ原理で、ほぼすべての細菌やウイルスを死滅させることが可能です。

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

小野瀬歯科医院が
選ばれる5つの理由

小野瀬歯科医院
〒301-0012 茨城県龍ケ崎市上町4248-1
電話でのご予約はこちら
WEBからのご予約はこちら
WEB予約
診療時間
9:00〜13:00
15:30〜18:00

※土曜は9:00~12:00/14:00~17:30

休診日木曜・祝日※祝日のある週の木曜は診療






W
E
B

PAGE
TOP