理由 痛みや身体の負担に
配慮した治療

痛みや身体の負担に配慮した治療

ホーム > 痛みや身体の負担に配慮した治療

治療に対する不安、
痛みを配慮し
負担軽減に努めています

歯科治療に対して、「痛い」「怖い」という印象をお持ちの方はとても多いです。まして、インプラント治療は手術が必要になるため、「痛いのではないか」「手術が怖い」という理由から、治療に踏み出せない方も少なくないと思います。

当院は、インプラント治療に限らず、どの治療においても、痛みや不快感をできる限り軽減し、負担の少ない治療に努めております。

快適なインプラント治療を
目指して

静脈内鎮静法を導入

インプラント治療は、麻酔をしてから行うため、痛みはほとんどありません。しかし、意識がはっきりしているため、治療中の音や声が聞こえたり、治療による振動が伝わったりするため、これが大きなストレスにつながる場合もあります。
恐怖心や不安感が強いと、緊張や苦痛といったストレスが、全身状態に悪影響を及ぼす場合もあります。

患者様に、より快適に安全性の高い治療を受けていただくため、当院では静脈内鎮静法(セデーション)を併用したインプラント治療を行っています。
全身管理のもと鎮静剤を点滴し、意識が薄い状態で治療を受けていただけます。眠っているような状態の中で治療が終わるので、「あっという間に治療が終わった」という患者様の声を多くいただきます。

丁寧な治療説明で不安を軽減

カウンセリング風景

「これから、どんな治療をするのだろう…」と、何をされるのかわからない状態では、不安や恐怖心といった精神的な苦痛が強くなってしまいます。
そのため、インプラントに限らず、どのような治療であっても、患者様の治療への理解・納得が大切だと考えています。

痛みの感じ方には、精神面が大きく影響しています。そのため、より快適に治療を受けていただくには、精神的・肉体的、両方の苦痛を軽減することが必要です。
当院は、丁寧な治療説明により、理解・納得のうえで治療を受けていただくことはもちろん、患者様との信頼関係を築き、安心して治療を受けていただけるよう努めています。

精度の高い治療に努めます

インプラント手術風景

正確性の高い診断と術前シミュレーションにより、治療の精度を高め、侵襲を最小限に抑えた治療に努めています。
痛み・腫れの少ない治療を行うには、精密な診断・治療が不可欠です。歯科用CTにより口腔内状態を把握し、シミュレーションを行うことで、ベストな位置へのインプラント埋入につなげます。

設備・機器の導入はもちろん、これらを駆使し、より良い治療をご提供できるよう、学会や勉強会へ積極的に参加し、研究や技術の研鑽に努めております。

痛くない麻酔への取り組み

「麻酔注射が苦手」という方は少なくありません。麻酔注射は、痛みの軽減を目的に行うのですが、この麻酔自体が痛いというのは困ります。
当院では、麻酔注射の痛みを少しでも軽減すべく、次の取り組みを行っています。

  • 表面麻酔
    表面麻酔

    表面麻酔の使用により、注射針を刺した時のチクっとした痛みを軽減できます。

  • 細い注射針
    細い注射針

    針を刺した時の痛みを軽減するため、極細の注射針を採用しています。

  • 電動麻酔注射器
    歯科用電動注射器

    電動麻酔注射器を使い、コンピュータ制御により、ゆっくりと一定の圧で麻酔液を注入し、痛みを軽減しています。

小野瀬歯科医院が
選ばれる5つの理由

小野瀬歯科医院
〒301-0012 茨城県龍ケ崎市上町4248-1
電話でのご予約はこちら
WEBからのご予約はこちら
WEB予約
診療時間
9:00〜13:00
15:30〜18:00

※土曜は9:00~12:00/14:00~17:30

休診日木曜・祝日※祝日のある週の木曜は診療






W
E
B

PAGE
TOP