理由 科学的根拠に基づく
診断・治療

科学的根拠に基づく診断・治療

ホーム > 科学的根拠に基づく診断・治療

エビデンス(科学的根拠)を重視した

信頼性の高い治療を
提供します

これまでの歯科治療の歴史の中で、歯科医師の経験や勘に頼った治療が大きな割合を占めていました。しかし、インプラントの広がりとともに、治療におけるエビデンス(科学的根拠)は大変重要となっています。そのため、エビデンスに基づかない治療は行うべきではないと考えています。

当院では、患者様に闇雲にインプラントをおすすめするのではなく、さまざまなエビデンスからインプラント治療が必要な根拠を明確にし、患者様一人ひとりに合った治療をご提案しています。

歯科用CTの高精細な
画像により効率的に診断

歯科用CTの検査によって、これまでのX線検査では撮影できなかった3次元の画像が得られることで、精密かつ迅速な診断が可能になりました。

CT画像によって、歯や骨の状態のほか、神経や血管の位置が分かるため、正確な診断を下すことができるのです。インプラントを埋入できる骨量を満足しているか?埋入孔から神経がどれくらい離れているか?などの細かな情報が事前に得られることで、治療の安全性は飛躍的に高くなります。

  • 歯科用CT

    当院では、ドイツの世界的な歯科用機器メーカーとして知られるsirona(シロナ)社の歯科用CTを導入しています。

  • 歯科用CTの撮影画像

    従来の2D画像とCTの3D画像の両方が撮影できるため、一台で精度の高い診断が可能です。

シミュレーション結果から
正確性の高い治療計画を策定

CTで撮影した3D画像をもとに、専用のソフトウェアでシミュレーションを行うことで、インプラントを埋め込んだ状態を疑似的にビジュアル化することができます。

ソフトウェアには、各メーカーのインプラントの情報が組み込まれているため、患者様のお口にぴったり合ったインプラントを選択し、埋入後の状態をシミュレーションすることが可能です。これによって、埋入する深さや角度などの正確な治療計画を立てることができます。

  • GALILEOS 3D

    当院が導入しているsirona社のソフトウェア「GALILEOS 3D」は、インプラント埋入後の3D画像のほか、上部構造を装着後の画像の作成が可能です。

  • インプラント治療のイメージがつかみやすい

    あらかじめ画像を確認することで、患者様が治療後の状態をイメージしやすくなります。

サージカルガイドが精密な
インプラント手術を実現

サージカルガイドという装具を使うことによって、インプラントを治療計画通りの正しい角度や深さに埋め入れることが可能になります。

サージカルガイドには、シミュレーション結果を元にインプラントの埋入孔の大きさや深さが設定されています。そのため、手術の際にサージカルガイドを装着することで、ドリルで埋入孔を形成する際の人為的なミスにより、不適切な位置にインプラントが埋入されるのを防ぐことができます。

  • サージカルガイド

    当院が導入しているSICAT社のサージカルガイドは、GALILEOS 3Dソフトウェアの治療計画と、患者様の口腔内のスキャンデータをもとに製作されます。

  • 正確なインプラント治療

    誤差が最大0.5mm以内に抑えられるため、計画通りのインプラントの埋入が可能です。

CAD/CAMを使って
高精度な修復物を作製

上部構造(人工歯)が合っていないと、インプラントと骨の結合が妨げられて、動揺や脱落の原因となるため、上部構造には高い精度が求められます。

ソフトウェアには、各メーカーのインプラントの情報が組み込まれているため、患者様のお口にぴったり合ったインプラントを選択し、埋入後の状態をシミュレーションすることが可能です。これによって、埋入する深さや角度などの正確な治療計画を立てることができます。

  • CREC AC

    世界的なCAD/CAMメーカーとしても知られるsirona社の「CREC AC」は、光学カメラでスキャンするだけで、修復物をデザインすることができます。

  • 治療の負担を軽減

    従来の歯科治療のような型取りが不要なため、患者様に負担をかけることがありません。

小野瀬歯科医院が
選ばれる5つの理由

小野瀬歯科医院
〒301-0012 茨城県龍ケ崎市上町4248-1
電話でのご予約はこちら
WEBからのご予約はこちら
WEB予約
診療時間
9:00〜13:00
15:30〜18:00

※土曜は9:00~12:00/14:00~17:30

休診日木曜・祝日※祝日のある週の木曜は診療






W
E
B

PAGE
TOP