骨が足りない方へ骨造成でインプラントを可能に

骨造成でインプラントを可能に

ホーム > 骨造成でインプラントを可能に

骨が足りない方も
インプラント治療が受けられます

インプラントの安定した咬み心地は、インプラントがしっかり固定されることにより得られます。そのため、インプラント治療を行うには、インプラントを支えるのに十分な顎の骨(歯槽骨)が必要となります。
当院には、「骨が足りなくて、他院でインプラントを断られた」という患者様も多く来院されますが、骨が痩せてしまった方も、骨量を増やすことでインプラント治療を行うことは可能です。

顎の骨が痩せる理由とは

「女性の歯科治療をしている院長

顎の骨が痩せる(骨の吸収が進む)主な原因として、以下のものが挙げられます。

  • 進行した歯周病
  • 歯を失ったまま放置していた
  • 合わない入れ歯の使用
  • 生まれつき顎の骨が薄い

歯周病は、細菌によって歯周組織が破壊されますが、進行すると歯を支える顎の骨にも悪影響が及びます。抜歯が必要になった原因が歯周病である場合、骨の吸収が進んでいる可能性があるでしょう。
また、咀嚼によって顎の骨に刺激が加わると、骨吸収を防げます。しかし、歯を失ったまま放置していると、顎の骨に刺激が伝わらず、骨の吸収が少しずつ進んでしまいます。

骨造成の種類

骨造成とは、その名の通り、骨を増やす治療です。インプラントを埋入するのに十分な量・厚み・高さになるよう、自家骨や人工骨を用いて骨を増やします。
骨造成法にはさまざまな種類があり、治療部位や骨吸収の程度によって、適切な治療は違ってきます。当院では、以下のような術式により、骨量を増やし、安全性を高めてインプラント治療を行います。

GBR(骨誘導再生)

インプラントを埋入するのに十分な骨の厚みがない場合に行う、骨再生を促進する方法です。インプラント埋入と同時に、GBRによる骨造成が行えるため、手術の回数を抑えることができます。

GBR(骨誘導再生)の流れ
  • 1インプラントを埋入し、骨が足りない場所に人工骨を詰めます。
    人工骨をメンブレンという特殊な人工膜で覆い、歯肉を戻して縫合して骨が再生するのを待ちます。インプラントを支柱として人工骨を充填し、メンブレンで覆い歯肉を元に戻して縫合します。
  • 2骨再生が進んでインプラントと骨が結合したら、人工歯を装着します。骨が再生したら、上部構造を装着します。

ソケットリフト

ソケットリフトは、上顎臼歯部(奥歯)の骨量が足りない場合に行う治療法です。上顎臼歯部は、サイナス(上顎洞)という空洞があるため、歯の喪失によって骨吸収が進みやすい部分でもあります。
ソケットリフトは、骨の高さが3~5mm以上あっても、インプラントを埋入できない場合に行われます。

ソケットリフトの流れ
  • 1インプラントを埋入する時と同じように、歯槽骨にドリルで穴を開けます。 ドリルで骨に穴を開けます
  • 2歯槽骨と上顎洞の間にあるシュナイダー膜を持ち上げてスペースをつくり、人工骨を入れ、インプラントを埋入するのに十分な高さをつくります。 専用器具で上顎洞底部を押し上げて、スペースを作り、人工骨を入れます。
  • 3インプラント(人工歯根)を埋入し、歯肉を戻して縫合します。
    3カ月以上待って、人工骨がなじんでインプラントが安定したら、人工歯を装着します。 人工骨を入れ、骨を増やした箇所にインプラントを埋入します。

サイナスリフト

サイナスリフトは、ソケットリフトと同様に上顎臼歯部(奥歯)の骨量が足りない場合に行う方法ですが、骨の高さが3~5mm以下の場合に行います。
ソケットリフトとの大きな違いは、骨吸収が進んでいるケースで適応となる、歯肉の側面からアプローチするという点でしょう。

サイナスリフトの流れ
  • 1頬側の歯肉を切開し、歯槽骨をむき出しにして小さな穴を開け、シュナイダー膜と歯槽骨の間に人工骨を入れるスペースをつくり、人工骨を入れます。 歯茎の側面を切開・歯槽骨に窓をつくり、粘膜(シュナイダー膜)を持ち上げて人工骨を充填します。
  • 2インプラントを埋入するのに十分な高さをつくり、移植骨と人工骨がなじむのを待ちます。(3ヵ月以上かかります) 人工骨が自分の骨となるまで、数ヵ月待ちます。
  • 3人工骨が自分の骨になったら、通常のインプラント治療を行います。 移植した骨が安定したらインプラントを埋入します

スプリットクレスト

スプリットクレストは、骨の幅が足りない場合に行う方法です。骨を2分割して、骨でインプラント(人工歯根)を挟むようにして埋入します。骨とインプラントの隙間を骨補填剤で満たし、骨を再生させて十分な骨量にします。

スプリットクレストの流れ

インプラントを埋入するには、骨の幅が最低でも5mmほど必要ですが、骨の幅が3mm程度あればスプリットクレストを行い、インプラントを埋入できる可能性があります。

  • 1歯肉を切開し、特別な道具を使って骨に切れ込みを入れます。
    細いノミを使って、骨を砕かないよう慎重に二分割します。
  • 2骨と骨の隙間を徐々に広げ、人工歯根を入れても問題ない幅まで広げていきます。
  • 3骨の幅が広がったら、インプラントを埋入させるための穴をドリルで形成します。
  • 4インプラントを埋入し、骨とインプラントの隙間を骨補填剤で満たします。
  • 53カ月以上待って骨がしっかり固まったら、人工歯を装着します。

インプラントについて知る

小野瀬歯科医院
〒301-0012 茨城県龍ケ崎市上町4248-1
電話でのご予約はこちら
WEBからのご予約はこちら
WEB予約
診療時間
9:00〜13:00
15:30〜18:00

※土曜は9:00~12:00/14:00~17:30

休診日木曜・祝日※祝日のある週の木曜は診療






W
E
B

PAGE
TOP